こたつの改良

IMG_3862 (530x353)
夫が独身時代のときから使っていたこたつの足が、ぐらぐらして危なかったのと、デザインが
ちょっと残念…だったので、本体を生かしつつ改良しました。天板はとりあえずそのまま使って
いますが、後日作り変える予定です。

IMG_3863 (530x353)
天板をとるとこんな感じです。
枠が2重になっていますが、当初はすっきりしたデザインにしたかったので、内側の枠のみで、
足にダボで固定していました。
が、強度が足りなかったので、急遽外枠を追加しました。
中の桟は、もとのこたつのものをそのまま流用して、枠にビス固定しています。
外枠を追加したおかげで、足はがっちり固定され、子供が上にのってもびくともしません。

枠には10本1000円ほどの杉荒材を4本、足には端材コーナーにあった1本150円の米松材
を2本使用したので、合計700円ほどでできました。

IMG_3867 (530x353)
足は、自分でも何を思ったか、さわり心地のいい仕上げにしたいと思い、ナイフ(!)で一本一本、
少しずつすべての面を削りあげ、最後に蜜ろうワックスを塗布して仕上げました。
苦労の甲斐あって、サンドペーパーよりもなめらかで、ナイフの凸凹感もあるいい感じに仕上がり
ましたが、正直、もう2度としたくない作業です…。

荒材や端材は、まっすぐで木目が美しい高級材とは正反対の材料ですが、そういったものを、
時間と手間をかけて、鉋がけしたり、磨き上げたりして使うのが好きです。
単に予算が厳しいのもありますが(笑)。

次回は天板を作るのと同時に、枠も塗装しようと思います。
スポンサーサイト

壁掛け時計の台

IMG_3856 (530x353)
 壁掛け時計をかける位置がなかなか決まらず、かといって時計がないのも不便なので、端材を
使って臨時の時計台を作りました。

IMG_3857 (530x353)
 時計を置きながら、色々な形の端材をビスで留めて。
 取り外せるけども、がたつきがなく、倒れてこないように調整しつつ、完成。
 
 IMG_3859 (353x530)
 横から見るとこんな感じです。
 横から押してもびくともしません。
 端材はどんなに小さくても、捨てられません。
 
 

箱畑のつくり方

野菜を育てるために、木枠を組んで菜園を作りました。
大きさは60×180センチ、高さは約17センチの箱型です。
材料は、以下のとおりです。
 ・2×4のSPF材 
    約180センチ(6フィート) 4枚
    約 60センチ(2フィート) 4枚(ホームセンターで6フィートのものを3等分してもらいました)
 ・65mmのビス  適量

IMG_3848 (530x353)

上記の材料を、上の写真のようにすべて相欠きし、塗装します。
塗料は、ターナーの無臭柿渋(2リットル3000円ぐらい)を使用しました。
WATOCOオイルやステイン、果ては自然塗料で有名なオスモカラーまで思案したのですが、子供が塗りたがったりすると止められないし、食べ物を育てるので少しでも不安は残したくなくて、完全自然塗料の柿渋を選択しました。
耐久性は人口塗料と比べると劣ると言われているのですが、2~3年おきに塗り替えればいいかと思っています。
塗り重ねるほど赤みが強く、表面にてかりが生じます。
いったいどこまで濃くなるのだろうと、2度塗りでいいところを7~8度ぐらい塗ったでしょうか。
結果、松崎しげるさんとゴキブリを足して2で割ったような、てっかてかの、どす赤黒い仕上がりになりました…(/_;)
(松崎さん、すみません)
時間の経過とともに、なじんでくれればいいのですが、塗りすぎには注意です。
3度塗りぐらいがちょうどいいと思います。

塗装が完了したら組み立てます。
IMG_3849 (530x353)

組み上げて、一段ずつ、写真のように上からビスで固定します。
2段目を組む時は、1段目にビス打ちして固定します。
強度が不安なら横からもビス打ちします。

IMG_3852 (530x353)

木枠の完成です。
ここに土を入れて、必要であればマルチを敷いて苗を植え付けます。
土は、14リットルであれば大体10袋で木枠高さの7~8分目ほどになります。
写真上のトウモロコシの苗を植えている箱畑では、野菜の培養土(14リットル)を7袋と腐葉土(18リットル)を3袋使用しました。
新しく完成した箱畑にはトマトの苗を植え付ける予定です。

木枠を地面の上に直接置いて、土を入れただけの簡単な構造ですが、土を入れれば土圧で固定されて、横から押してもびくともしません。本当は地面を掘り下げて土も耕したほうがいいのですが、今年はとにかく簡単にしたかったので、上記の方法としました。

うまく育ってくれるといいのですが。

おひつのキャスター

IMG_3842 (640x427)

なんてことないけど、あると便利だなと思っていたもの。
米びつのサイズをはかって、材料を切り出し、約1時間で完成。
荒材にMDFボードを張り付けて、自由に動くキャスターを取り付けただけの作り。
IMG_3843 (640x427)

想像以上のスムーズな動きに、思わず上に乗りたくなるけど、手でぐっと抑えるだけで「ミシッ」という音の悲鳴がしたので、ぐっとこらえる。

作ったことをすっかり忘れた頃に、米の補充のため、扉を開けた夫の「オッ!」という声が聞こえる。
ふっふっふ、そうそう、その声が聞きたかったのです。
喜んでもらえるものを作れたとき、気分は最高なのです。

牛すじクッパ

20140111131330116.jpg
寒い日に体温まるごはん。牛すじを事前に下ごしらえしておけば、当日は煮るだけの簡単外ごはんです。

(材料)2人分
・下ごしらえした牛すじ 100g
・パックごはん 茶碗2杯分
・牛すじの茹で汁 300g
・水 100cc
・生姜のすりおろし 少々
・塩、コショウ 少々
・(好みで)ネギ適量

(下ごしらえ)
⑴前々日に牛すじを圧力鍋などで柔らかく煮込む。
⑵煮込んだ牛すじをビニール袋に入れ冷蔵しておく。
⑶茹で汁をバットに入れ冷蔵庫で一晩冷やし,浮き固まった油を取り除き、ゼラチン状になった茹で汁をビニール袋に入れ,牛すじと重ねてコッフェルに入れ冷凍する。

(作り方)
⑴コッフェルに牛すじと茹で汁を入れ火にかけ、溶けたら他の材料を入れて沸騰させて完成。

ご無沙汰してまして。

どうも、あゆみぱんだです。
長くご無沙汰してましたので、見てくださっていた方々もすっかりお忘れのことと思いますが、生きてます。
新婚旅行から帰ってきてからというもの、妊娠していることが分かり、マタニティ生活、そして初めての育児の日々を送っている間に、あっという間に月日が経ってしまいました。

その間、アウトドアもできずうずうずしていましたが、子供も生後7ヶ月を間も無く迎えるところで一人遊びも少しずつできるようになり、育児の合間をぬって、少しの時間であればレシピを考えることができるようになってきました。

そこで、まだまだ不定期ではありますが、これからは外ごごはんで使えるようなレシピに絞って、2週に一度程度の頻度で紹介していきたいと思います。

今まで見て下さってた方もそうでない方も、楽しみにしていただければ嬉しいです。

ではでは。また。

(3)ドイツ編~雑貨屋めぐり~

(1)入国までの記事はこちらから。
(2)ドイツ編~市場散策~の記事はこちらから。

IMG_5745.jpg
マリエンプラッツにある名所、新市庁舎前はたくさんの観光客でにぎわっています。
からくり時計が有名ですが、動く時間(午前11時、12時。夏季は17時)は決まっているのでご注意を。

入国当日の土曜日午後3時過ぎ。
飛行機の中であまり眠れなかった体は睡眠を求めていますが、まだまだ。
何せ日曜日にはほとんどすべての店が閉まってしまうのです。
月曜日にはスイスに発つ予定だったので、ドイツのお土産はこの日に買っておかないといけないのでした。

IMG_2327.jpg
KUSTERMANNという名前の雑貨店。
店内は広く、食器から調理器具までほとんどの生活用品が揃います。
日本にはない、いろいろな種類のバターケースや色とりどりのペーパーナプキンなど、
お土産調達にも便利。

IMG_2324.jpg
店内の様子。品揃えは日本の東急ハンズのようで、1日いても飽きないかも。
カラフルなボウルが欲しかったけれど、電子レンジがNGだったため、断念。
パン好きな母へのお土産としてシンプルなバターケースと、ビリーさんのナイフを購入しました。

IMG_2325.jpg
SIGGのフードコンテナ発見!おぉ兄弟だぁ~
日本では販売していませんが、Amazon UKなどで購入できます。
我が家では弁当箱として活躍中。


IMG_5763.jpg
手作りの木のおもちゃや食器のお店。
マリエンプラッツの近くにあります。
木だけじゃなく、かわいい絵皿などもあり、好きな人にはたまらないかも。

IMG_2312.jpg
魅力的な木皿やカトラリーがずらりと並ぶ。
自分用に大きさ違いのオーバルプレートと、姪っ子用に写真手前にあるレインボーかたつむりを購入。
かたつむりは、動かすと背中のレインボーボールもくるくると回る仕組み。

IMG_3825.jpg
購入したオーバルプレート。
何を乗せるか、目下妄想中。


IMG_2335.jpg
最後に雑貨ではないですが、ショコラテリエの紹介。
チョコには目がないパンダとビリー一押しのチョコ屋さんです。
中でチョコを買うだけでなく、ホットチョコなどカフェ使いも楽しめます。
このお店もマリエンプラッツの近くにあります。

IMG_5782.jpg
お店の入り口。
中には、いろんな種類や形のチョコレートが並んでいて、目移り必至。

IMG_2331.jpg
悩みぬいた末、ホワイトチョコとかわいらしい形のミルクチョコを購入。
ホワイトチョコは、六花亭のホワイトチョコとよく似たコクのある味でとってもおいしい。
ミルクチョコは、ビター、ホワイトもあり、トッピングも色々でお土産にぴったり。
ラッピングもかわいい!

余談ですが、自分たち用にホワイトチョコを4枚と、旅の友チョコを買いこんだら、
お店の人に「チョコ好き?」と尋ねられ、もちろん「ベリーマッチ!」と答えたら、
笑いながらおすすめショコラを手に乗せてくれました。
バラの味のする食べたことのないチョコ。
こんなコミュニケーションも、旅の醍醐味です。


限られた時間で、マリエンプラッツ周辺のお店を巡り、戦利品をゲットできました。
何でもそろう百貨店もいいですが、ぶらぶらと歩いてビビっと来た店に入るのもいいですよね。

というわけで、次回はいよいよスイスへ!
世界一美しいといわれる村、グリンデルワルト。
そして登山鉄道でユングフラウヨッホへ向かいます。

お楽しみに!

(2)ドイツ編~市場散策~

入国までの記事はこちらから

IMG_2318.jpg
IMG_2304.jpg
さて、ミュンヘンの中心地、マリエンプラッツにやって来ました。
ここには旧市庁舎など、有名な観光スポットがたくさんあります。
たくさんの市場も立ち並ぶ、賑やかなところです。
飲食できるお店もたくさんあって、みんな飲んだり食べたり楽しそう。

foodpic2565813.jpg
foodpic2565810.jpg
foodpic2565806.jpg
色とりどりの野菜や果物が並ぶ。
がまんできずに買っては味見。
ああ!市場ってなんて楽しいのでしょう。

foodpic2585583.jpg
foodpic2565808.jpg
foodpic2565807.jpg
野菜や果物だけじゃなく、パン屋、肉屋、チーズ屋さんなど、ほとんどの食材が揃う。
上の写真の白いソーセージは、ミュンヘン名物の白ソーセージ。
皮は食べないのがふつうだそうですが、パツッとしていて、私は好きです。
下の写真は、珍しいわさびチーズ。
後にも先にも、ここでしか見ることができませんでした。
味見をしなかったことをとっても後悔。

foodpic2585580.jpg
foodpic2585582.jpg
サラミは保存性が良いので、旅の良いお供になりました。
上の写真のようにカットしたものを置いているお店では、たいてい味見させてくれるので、
味を確認してから購入。

IMG_5705.jpg
つまみ食いをしながら、市場をうろうろしていると、看板発見!
町で最高のスープですと?これは食べてみないといけません。

foodpic2565816.jpg
本日のスープと、ミュンヘン名物の白ビールを注文、いただきまーす!

・・・。・・・。・・・。

これは、残念ながら、あんまりおいしくないです(=_=)
酸っぱいような、味がしまってないような。。
とりあえず、机の上にあるあらゆる調味料を投入し、味を調える努力をする。
白ビールは、さっぱりきりりで、文句なし、うましです。

チェリー、サラミ、フランクフルト、スープ、ビール、etc。
お腹はいっぱい、ああ、旅用の胃袋(特大)が欲しい!
さすがにこれ以上食べられないので、買い物に行くことにする。
日曜日になるとほとんどのお店が閉まってしまうので、土曜日中に買うものを買わないと。

ということで、次回は雑貨を中心に、おすすめショッピングスポットをレポートします。
お楽しみに!

ドイツ・スイス旅行番外編~おみやげ~

IMG_3820.jpg
土曜日。スイスから送った荷物が無事到着。
旅の楽しみがもう1回訪れる瞬間。

IMG_3821.jpg
やっほう!楽しい。
持ち帰ってきたものも併せて、いくつか紹介します。

IMG_3825.jpg
ドイツで購入した、木製の皿。
外ごはんで使うのが待ち遠しい。

IMG_3828.jpg
キッチン用品。
右下のナイフは、一目惚れして購入したお気に入り。
職人さんが1本ずつたたき出して作っているそうです。
形がとっても美しい。

IMG_3827.jpg
アクアティナという名前の、折りたためるボトル。
上のナイフと同じところで購入したもの。
外で絵を描くときに使う予定。

IMG_3836.jpg
スイスワインと、スイスアヒル。
ワインは免税店にてジャケ買い。置いてるだけでもかわいい。
アヒルは、家にある黄色のアヒルとお揃いにしたくて購入。

IMG_3839.jpg
キッチン用品。左上がオイルポット、右上がオリーブをつぶす器、下がお玉?
器はスパイスをつぶすのにも使えるかと思い、購入した。
お玉は一目惚れ。ビリーさんもお気に入り。
イメージは、まきで炊いたシチューを木の皿によそうのに使いたいところですが。。

IMG_3834.jpg
スイスの郵便配達車がかわいくて、郵便局で買い揃えた。
どこに飾るか検討中。

IMG_3840.jpg
フードコンテナと茶こし。ボダムで購入。
コンテナはスパイス入れとして、茶こしはそのままカップに入れられるので便利。

IMG_3843.jpg
このフィギアは日本でも販売しているものですが、博物館で勢い買い(笑)。
親子のコンセプトで買い揃えてきたはずが・・・

IMG_3844.jpg
「私だけ、一人なんですけど・・・」
あ~しまった(@_@;)
明日、さっそくおもちゃ屋さんに行って買い足してきまーす(笑)

(1)ドイツ編~入国まで~

ビリーさんとの海外旅行。
行先は、ドイツとスイスです。
今回、トルコ航空イスタンブール経由でドイツに入国することにしました。
 
PM10:30 大阪 関空発→イスタンブール アタテュルク空港行き
IMG_5503.jpg
約12時間のフライトが始まります。

機内は、2×4×2人掛けの配席で、私たちは2人掛けの座席に座りました。
足元の鞄を入れるスペースは広く、28リットルのリュックも問題なく収まります。

IMG_5509.jpg
各座席の前にはタッチパネルがあり、ゲームや映画を楽しんだり、フライト状況を確認できます。

foodpic2566919.jpg
foodpic2566917.jpg
機内食。上が夕食、下が朝食。
おいしかろうがなかろうが、旅気分は盛り上がります。

IMG_5524.jpg
そろそろお尻が痛くなってきたころ、イスタンブールはもう目の前。

IMG_5520.jpg
窓から見るイスタンブールの夜景。外国に来たことを実感する。

アタテュルク空港に無事到着。
トランジット手続きを済ませて、乗継便出発までの時間は3時間弱。
それまで空港内を探索することにする。
時刻は朝の5時、お店は3分の1ぐらい開いていました。

IMG_2258.jpg
さっそく、おいしそうなパンが並ぶカフェを発見。
ついさっき機内食を食べたばかりですが、世界一おいしいと言われる
トルコパンを食べてみたい。
関空で5000円ばかり両替したトルコリラを握りしめ、列に並ぶ。

foodpic2567209.jpg
トルコパンゲット。あわせてトルココーヒーも飲みたかったけど、夜中でマシンは調整中。
かわりにカフェオレにしました。
パンは1個あたり日本円で600円、カフェオレもそれぐらい。
トルコの物価、結構高いですね?(O_O)空港内だからこんなものなのかな。

いただきまーす。
ぱくぱく。うーん。

何と言ったらいいでしょう、パンの風味の無さ、そして中の具材の何とも言えない酸味。

これは、まずいです。
残念。
街中で食べるときっとおいしいに違いないのだ。

ちなみに帰り際、別のインターネットカフェを利用しましたが、サービスがあまり良くなく、
残念ながらトルコに良い印象を持つことはできませんでした。
空港はその国の顔。フレンドリーであってほしいものです。

気を取り直し、トルコを出発する。
待合ロビーで待っていたら、中国人のおばさんに「ここで合ってるか」的なことを聞かれ、
答えたら、「スパシーバ」とお礼を言われる。わたしたち、どう見たってロシア人ではないですよね?(笑)

ふと窓際を見たら、ベレー坊の屈強な西洋人?が真剣にヨガの真っ最中。
あのー、何かちょっと怪しんですけど。爆弾犯じゃないですよね?
IMG_5564.jpg
怪しんですみません。でもちょっと怖かったです。

定刻通り、ドイツのミュンヘン空港に到着。
さすがに、眠いんだかなんだか分からなくなってくる。
でもまずはホテルにたどり着かねば!!
市内に直結している列車Sバーンの乗り場へと向かいます。
ホームで一日券を購入する。

IMG_5620.jpg
Sバーンに乗り込み、ホテルのあるローゼンハイマープラッツまでは20分ほどのはずでした。
ミュンヘンオスト駅を過ぎ、さぁ次の駅だ~!と席を立つと。隣に座っていたお姉さんが英語で
声をかけてくれました。何と、ローゼンハイマープラッツ駅から数区間は工事中で電車は止まら
ない、スピーツという駅まで行ってしまうとのこと。え~そんなの聞いてないよ~ (@_@)
お姉さんが教えてくれたとおり、電車はミュンヘン中央駅をも通り過ぎ、スピーツ駅で停車。

さぁどーしよう、何か方法はあるはず。とりあえず人に聞くべし。
工事中ということで、いたるところにオレンジ色のベストを来た案内係がいる。行き方を聞くと、
みんな親切に答えてくれます。英語のできそうな人を見つけては間違ってないか聞く。
教えてもらって、とりあえず普通列車でミュンヘン中央駅まで戻り、代替バスに乗り込んで、
ようやくホテルにたどり着くことができました。
やれやれ~何となく英語の勉強しておいて良かった~ (=_=;)

ホテルについたのは正午。チェックインには早すぎるので、荷物だけ預かってもらい、休む間も
なく町に繰り出すことにしました。
というのも、到着日は土曜日。なんと日曜日にはほぼ全ての店が閉まってしまうのです。
さすが休みを大事にするドイツですね。

次回は町の様子、特に市場と雑貨を中心にレポートします。
お楽しみに (^o^)
プロフィール

あゆみぱんだ

Author:あゆみぱんだ
夫と子供(4歳長男、2歳長女)の4人暮らし。

子供が産まれる以前は趣味のアウトドアを記事にしていました。子供が産まれてからは育児が中心で、毎日が忙しくてブログを更新する時間も余裕もなく、しばらく放ったらかしにしていました。

育児にまだまだ手がかかるため、アウトドアを楽しむ余裕はまだありませんが、そのかわりに、子供の玩具や家具を手作りする楽しみに目覚め、小さいながらも作業部屋も作り、日々なにかしらを作ったり、あれこれ考えたりしています。
そうして作ったものを、ブログで発信したいと思い、タイトルも内容も変えて再開することにしました。

自分で考えたことが形になるのは、本当に楽しく、ものづくりの醍醐味だと思います。プロではないので、失敗の連続ですが、机上では気づかない色々な改善点も見つかって、それがまた楽しいです。

子供たちには、母の背中を見て、失敗を恐れず、何でも作ってみるチャレンジ精神を培ってほしいと願っています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター(2011.09.10~)
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR